〜メガテン日記〜(7/13よりP3祭り)


 2006年8月7日

 ペルソナ3の特設ページなるものを、作ってしまいました。
作ったはいいものの、無計画極まりない状態でスタートしてしまいましたので、
作り方が、何となく初期の頃を彷彿しているような感じがしてなりません。(笑)
それにしても「なんでこしらえた?」と聞かれると、理由は「タイピングの練習の為」です。
現在は病気療養中という事で、社会に復帰する時になるべく支障が無い様に、
筋トレを行ったり、タイピングの訓練みたいな感じで、会話集を作ってみたりしております。
といっても、かなり中途半端な状態でありまして、
現状は強制会話の箇所だけはカットして、こちらから話しかけないといけない会話だけを収録しております。
※一部のイベントに関しては、今後強制会話でも収録する場合があります。
  ただし、ストーリーの確信に触れる会話に関しては収録しない予定です。
  イベントの前後の会話に関しては、ポイントからずれている(表現が変…)と判断し、収録します。
日曜日にお出かけした際には見れない会話などもありますので、参考になるようでしたらば幸いです。

 そして、トップページの更新欄にも記載しましたが、
以前閉鎖されておりました「ルシフェリウム」様が、先日完全復活をされました!
ラストバイブルが大好きな方にとっては、もはや説明不要のサイト様であります。
自分もこれを機に、いろいろ頑張っていかないといけないですね。(←このセリフ、何回言ってるんだ)


 2006年7月25日

 ペルソナ3・1周目クリア報告(の箇所は伏せてありますので、反転してください)

92時間、レベル99にてEASYモードクリアしました。
どうやら、レベル99になると、HP・SPともに999になってしまうみたいです…。
ラスボスの曲は、発売日の影時間に流れたPVのベルベットルームの曲でした。
あの曲は何度聴いても鳥肌が立ってきます。サントラ、ちゃんと10日以内に到着するのだろうか…。
さて、1周目でやり残した事と言えば、当然ペルソナ辞典の登録されていないペルソナを集めることなのですが、
これに関してはどうやっても、あと3,4周は必要な予感がするのですが…。(異性関連で)
そして、今回もありました、ラスボスよりも凶悪な強さを誇る隠しボス。その名は「  
エリザベス  」。
そのお方と戦う際には、必ず依頼文章に書かれている通り、1人で行った方が良いと思います。
実際それを忘れて4人で挑んだら、メギドラオン→9999ダメージを食らって全滅しました。

 という事で、データを引き継いで早速2周目を始めてみました。
すると、一番最初の強制戦闘での主人公の姿を見て唖然としてしまいました。
レベル99で、しかも武器が終了時点で装備していた攻撃力400のでっかいハンマーを持っておりました。
ステータスが見れるようになって確認したら、資金も600万円ありました。
…ふざけんなよ、こんなの、ちっとも面白くねぇよ!!(泣)
今回ペルソナ3をやっていて、最も残念だった箇所と言ってもいいでしょう…。
ま、結局ノーマルを最初から始めて、それが終わってから集め始めれば別に問題は無いのですが。

 気が付いた事をちょこちょこと書いていこうかと思ったのですが、
つい先程いろんな情報がビッッッシリ詰まっているサイト様を見て、げんなり。(笑)
ま、まぁいいや…、今はとりあえず自分のやれる事だけをやっていこうではないか…。
2周目も、細々をやっていきたいと思います。
クリアもした事ですし、イラストとかアイコン作り、ラストバイブル関連もそろそろ行動をおっ始めないと。

 とりあえず、何も無しというのもイヤなので、気が付いた事をつらつらと。

<コミュリスト>

・本の虫(法王)(4月25日〜 日曜日以外)
  →ランク3になると同時に、同好会仲間になる、ベベが出現、
  学力のメーターをを2つ目まで上げて、家庭科室に入るとコミュ取得(節制)
・ネットゲームの女性、Y子さん(隠者)(4月29日〜 学校が休日の場合のみ)
  →ランク4で、時価ネットたなか社長の情報入手、
  魅力を「光っている(4つめ)???」まで上げ、2万円、1万円、1万円、計4万円騙し取られてコミュ取得(悪魔)
・神社の小学生・舞子ちゃん(刑死者)(5月6日〜 日曜日以外)
  →ランク3で日曜日に余命幾ばくもない青年・神木が神社に出現、
  学力が「なかなか優秀(4つめ)」まで上げ、万年筆を捜してあげる(コロマルが加入済)
  →コロマルを調べて入手→万年筆を渡してコミュ取得(太陽)
・運動部入部(戦車)→マネージャーさんと会話して仲良くなる(剛毅)
  8月2日の夏の大会後に他校のライバル・早瀬と仲良くなりコミュ取得(星)
・文化部入部(運命)→勇気をMAX「漢」まで上げれば、風花と会話が可能になり、コミュ取得(女教皇)
・生徒会に入る(皇帝)→後日、生徒会室の前にいる主計の女子生徒(メガネっ娘)と会話をして仲良くなり、コミュ取得(正義)
・クラスメイトの友近(魔術師)→グルメキングの情報を入手後、会話をしてコミュ取得(月)
・主人公の魅力のメーターをMAX「カリスマ」まで上げる→ゆかりと会話(おそらく2学期以降が条件)をすればコミュ取得(恋愛)
・学力をMAX「天才」まで上げれば、桐条姉さんとも会話が可能になり、コミュ取得(女帝)
・2010年1月1日以降、自動的にコミュ取得(審判)
(愚者)、(死神)は自動的にMAXになり、存在していない(宇宙)も自動的に取得(?)できます。
・さて、上記にまだ載っていないコミュがあります、それは(塔)の存在なのですが、
 これに関しては2周目を始めておりますが、どうやら予定からすれば入手できない状況になると思います。
 書いてもいいのですが、自分の目で確かめていない為、あえて掲載致しません。
 それが取得できなかった最大の理由は、「自分のタイプではなかった」からです。

<その他>

・序盤では、いとも簡単に疲労、そして風邪の状態になってしまうのですが、
 その際には保健室を利用すれば、時間が経つ事も無く「勇気」のポイントが上昇します。
 タルタロスでの疲労の後、満月の後には、疲労ついでに行っておいた方がお得です。


 2006年7月23日

 今日の終了時点で、2010年1月25日、レベル98、90時間、タルタロスは254F打ち止めとなっております。
「え?ちょっと待たんかい。」と思われるレベルの数字になってしまっておりますが、事実です。
何で5時間ちょっとでレベルが79から98へと上がってしまっているのか。
この件に関しましては、昨日の出来事が引き金となっております。
 昨日の出来事で、「別の扉(深層・モナド)」が出現したと書いたのですが、
これは今日の終了時まで、タルタロス254Fまで上り詰めたから入れたと思うのですが、
どうもそれとは違い、「死神タイプのシャドウ」を倒してしまったからではないかと…。
それに気が付かず、延々と美味しい思いをしてしまいました。
すっかり後戻りできないぐらいに成長してしまったので…、このまま進行します。
ま、まぁ…これはEASYですので、2周目はノーマルで頑張りますので。


 2006年7月22日

 今日の終了時点で、2010年1月6日、レベル79、85時間、タルタロスは254F打ち止めとなっております。
今日のプレイで気が付いた事をつらつらと。

・ファンシーウエポンシリーズ、アイギス専用「ロケットパンチ」もございます。
 ただし後半にならないと入手できないので戦闘には大変不向きな使用になっております。
 ちなみに現在確認確認できているので、拳属性の武器もあります。
・ずっと登場していなかったコミュ、「審判」がようやく登場します。
・クリスマスのイベントは、当然ございます。
・お正月イベントも、当然ございます。期待通りの展開でございます。
・桐条姉さんは、やはり学力MAXでコミュ「女帝」を取得する事が出来ました。
 まだコミュランクは1なのですが、個人的には大変微笑ましいイベントです。
・タルタロス、254Fまで上り詰めると、また別の扉が出現しますが、激烈に強いです。
 出現するザコシャドウは軒並みLv.90台、カードによって、経験値が28000Pもらえました。(Lv.77の時点で)
・死神タイプのシャドウを倒す事が出来ました。
 と言ってもEASYですので、ここは妥協をしてコンテニューアイテムを使用させていただきました。
 それでも幾度か、反魂香を使用しましたので、結構痛いです。

 これよりネタバレ日程。

・12月24日 クリスマスイベント…当然自分にはゆかりっちが対象となっておりました。
         チョコレートケーキを貰い、こちらからは夏祭りで入手したフロスト人形(何という皮肉!)で喜ばれました。
         あ、ちなみに花好きですので、おそらくバラかガラスの一輪挿しが好まれるかもしれません。
         自分は以前、ミニサボテンを上げたら普通の反応でした。
         しかも何故か、老夫婦用として準備していた花関連は、赤松の盆栽しか手元に残っていませんでした。(笑)
・12月27日 冬休み突入…自分は学校以外のコミュは完璧なので、ネットのコミュだけを相手に時間つぶし。
・12月30日 アイギスのペルソナが変異
・12月31日 満月…最重要ポイント
         もしここで、とある選択を選ぶと、アナザーエンディングへと進みます。
         違う選択肢を選べば、これからのシナリオに進むことが出来ます。
・ 1月 1日 お正月…女性陣の着物姿を拝めます。
         タルタロスに新たなブロックが出現(最終ブロック)


 2006年7月21日

 風花ちゃんの、ヘンテコな顔がツボに入って仕方がありません。
※ヘンテコな顔というのは、相手に疑問を抱いた時の表情の顔の事です。

 今日の終了時点で12月21日、レベル72、80時間越え、タルタロスは214F打ち止めとなっております。
掲示板で書かれていることが事実ならば、次の満月が終わってから階段が出てくるかもしれません。
それにしても、このP3を3,4日でクリアするというのは、事実上不可能だと思うのですが…。
おそらくその方は、他のサブイベントには目もくれずに突き進んでいった可能性があるかも???
まぁ、確かに今回の作品は戦略さえ気を付けていればクリアできるような感じですので。

 今日までのプレイで気が付いた事をちょろちょろと。

・コミュは、放ったらかしにしていると、リバース状態となり、コミュニケーションが取れない状態になります。
 事実、他の事ばかりに気を取られていたら、友近君がキレました。(苦笑)
・ファンシーウエポンシリーズは他にも、「おもちゃの弓」、「釘バット」、「鉄パイプ」、「骨」が存在しております。
 以上の4アイテムは、どれも稀少シャドウを倒さないと交換してもらえないアイテムです。
 ただ、攻撃力が全て100となっているので、序盤ぐらいしか役に立ちません。見栄えだけ面白いです。
 ちなみに稀少シャドウを倒す際には、やはり弓による背後からの攻撃が一番有効みたいです。
 探すのが面倒だという場合は、フロアが稀少シャドウだらけになるまで繰り返すかです。
 ※ちなみに、これはエリザベスと契約していないと、交換用のコインは入手できません。
・主人公のパラメーターをMAXにすると、一体どのような特典があるのか?
 魅力に関しては先日の日記にて伏せて書いてあります。
 学力、勇気に関しては、どちら共にエリザベスからの依頼が関係しております。

 これより以下は、ネタバレ日程。

・11月 3日 ストレガ、12体目のシャドウと対決。
・11月 4日 祝賀会
・11月 5日 岳羽ゆかりのペルソナ変異
・11月 9日 2−Fに転校生、望月綾時が加わる
・11月17日 2,3年合同の修学旅行、京都へ3泊4日する
・11月18日 桐条美鶴のペルソナ変異
・11月19日 露天風呂イベント(女性陣に見つかってしまった場合、桐条姉さんに処刑される。シナリオには異変なし???)
・11月22日 伊織順平のペルソナ変異
・11月24日 体験学習の為、4日間行動不可
・12月 2日 満月。以降、9日までタルタロスへの探索不可
・12月14日 2学期期末考査、19日まで


 2006年7月19日

 南条君のモップ姿、思い浮かべていた方はどれくらい居られた事でしょう。
しかし異聞録ではグラフィックの関係上、素手でしか表現されておりませんでした。
ところが今回のP3では、エリザベスの依頼を達成すれば、デッキブラシが貰えます。
まさかとは思っていたのですが、グラフィックではしっかりとデッキブラシを手に戦っております。
後には更に「バス停」という斧属性の武器まで登場する事に。
何とかレアアイテムを入手し、そのバス停を交換してもらいました。
「学園前」と書かれているバス停を武器に、主人公が戦う姿はあまりにもマヌケです。(笑)
 ネットショップとかでの評価欄の文章に、
「金子一馬のイラストではないが、物凄く良い感じです」みたいに書いてあるのですが、
ここでよく考えてみますと、ペルソナ2の顔グラを担当しているのは、副島の旦那なのであります。
こう考えると、P3の世界観を表現するためには、副島氏のイラストが正解だったと思えてきます。
なるほど、だからペルソナ2には好きなキャラが多いのだなと納得。
アピールタイムっぽい独り言、終了。

 明日は歯医者に行かなければならないので、たっぷりやりました。
今日の終了時点でプレイ時間は54時間、10月25日まで終了。
今日の日記もネタバレっぽく(重要な事はカット)にてお送りします。

・タルタロスの塔は第4ブロック「ツイア」を全て上り詰めましたが、まだありそうな予感。

・10月4日
 シャドウが2体出現、これにより残るシャドウはあと1体となる。

・10月5日
 真田先輩のペルソナが変異する。

・10月6日
 天田乾のペルソナが異変する。
 真田先輩、天田乾、ともにとある重要なイベントにより発生する事になります。

・10月12日〜
 2学期中間考査
 ちなみに成績で1位を取れば、桐条姉さんからとあるアイテムをもらえます。(職員室前にてイベント発生)
 但し上のイベントに関しては、1学期でも入手可能だと思われます。

・10月20日
 風花のペルソナが変異する。

以下は今日までのプレイで気が付いた事

・ゆかりっちとのコミュ(恋愛)が5まで達すると、
 「他の女性と遊んだりすると悲しみます」といった感じのメッセージが表示されます。
・神社の女の子のコミュ(ハングマン・漢字分からず)がMAXになると、ベルベットルームにて5身合体にて新たなペルソナ作成可能に。


 2006年7月18日

 いやはや、中毒性が高すぎます…。
プレイし始めると、なかなか止められません。本体が熱を持ちすぎてフリーズしないか心配なぐらいに。
プレイ時間は46時間
を越え、9月末まで終えました。
以下、いよいよ完全なネタバレになってきましたので、反転させて頂きます。

 主人公のレベルは49、タルタロスの塔は最上階139Fまで到着しました。
ただ、まだ階段が続いているのが見えるので、おそらく次の満月の後ぐらいに上れるでしょう。

ちなみに以下は7月からのイベント

・7月7日七夕決戦
 丁度この日は満月という事で、シャドウとの戦いとなります。
 ここで今作が「CERO−B」に選ばれた決定的な場面が登場します。(笑)

・屋久島イベント
 7月の期末考査が終わった後、皆で桐条姉さんの別荘がある屋久島まで3泊4日の旅行に出かけます。
 屋久島滞在2日目に、アイギスが加入します。
 3日目に、ゆかりとの重要なイベントがありますので、これを終えていないとゆかりのコミュは入手できないと思います。

・夏祭りイベント
 8月16日、長嶋神社にて夏祭りが行われます。
 この時点で、女子生徒のコミュ(SEESメンバーは不可?)を取得していれば、当日の朝に電話で誘ってくれます。
 もし誘いを断ったならば、主人公がたった1人で祭りへと赴くことになります。
 そして浴衣姿で楽しんでいる桐条姉さん&アイギスに気づかれずに寂しく祭りは終わってしまいます。
 ちなみに自分の場合は、生徒会主計の女子生徒さんと祭りをエンジョイする事にしました。
 相変わらずタコの入っていないたこ焼きを食べ、お面を見て、浴衣の話をして(ちなみに彼女は浴衣を着ておりません)、
 スピードくじを引いて(この時、フロスト人形が当たりました)、祭りのイベント終了となります。特に親睦が深まる事は無いみたいです。

・夏期講習
 桐条姉さんが勝手に組み込んでしまったプログラム。
 夏休みの終わり際の1週間ぶち抜きで行われます。

・夏休み終わり際前後
 コロマルと天田乾くんが加入します。

・2学期開始
 9月2日より、アイギスが学校へ登校することになります。
 9月初旬のシャドウ退治の後、数日間はタルタロスには行くことが出来ません。
 この前後に、荒垣真次郎が加入しますが、学生寮内での彼はところどころ面白いです。レイジっぽい感じです。
 そしてアイギスがいろいろ報告してくれるのもまた楽しみの1つ、萌えポイントですね。(笑)

・学園祭
 9月中旬に行われる予定の学園祭は、残念ながら台風の直撃により中止に。

最後に、今日までのプレイで気が付いた事をいろいろと…。
・この辺りから資金難に陥る可能性が高いです。
 経験値だけでなく、お金も貯めておかないといけないかもしれません。
 ちなみに戦闘終了後のシャッフルタイム、もの凄く手応えが良くなっております。(笑)
・いつまで経っても使用できなかったプレゼント好適品が、使用可能になりました。
 しかし、これも当然人によっては好みがありますので、無駄銭になる可能性もあります。
・「宇宙」のコミュが未だに存在していないのは何故…?
・江戸川先生の話の長さからして、メガテンを主張している感じが。(笑)


 2006年7月16日

 説明書のゆかりっちの手の形って、「グワシ!」と同じで、普通は出来ないよね。(デッカチャン風)
 主人公達の住んでいる寮の玄関前って、空き缶だらけで汚いよね。
 戦闘終了時の順平の無表情さは、いただけないよね。

 27時間(うち、3時間程は付けっぱなし)プレイ終了時点で、7月9日まで終えました。
レベル30、タルタロスは第2エリア限界ポイントのままです。
※ちなみに第3エリアはとあるイベントが終わると入れるようになります。
主人公達が疲労状態になるのがそれほど早くはなくなったので、
1日に1レベル上げるという感じで進められるようになりました。
誰か1人でも疲労状態にしてしまうと、2,3日は長引いてしまうので厄介です。
それからコミュも新たなものが登場してきました。
どうやら、1つのコミュから派生していくみたいです。
序盤は「ちゃんと22のコミュはあるのだろうか?」と思ったのですが、ありそうな予感???
これまでのコミュを見ている限りでは、顔グラのあるキャラに存在しているみたいです、やはり。
本来ならば早く知りたくて検索とかかけたりするのですが、そこは当然、RPGを楽しむのを選択。
しかしこのコミュ、やはり女性とのコミュに関しては多少厄介なことになるみたいです。
公開されていたムービーで、ゆかりから主人公へ語っていた会話が妙に引っかかっていたのですが、
それはやはり予想通りっぽい、女性関係みたいなのが引っ付いてくるみたいです。
なので、どうしても上げたい!というコミュが上げられないという状況もあります。
「ゆかりっち」を選ぶか、「桐条姉さん」を選ぶか、また「他の女性(ネタバレ)」を選ぶか?
どうするよ、どうするよ!?タロットカード、つづく〜!みたいな感じになる訳です。
これだけを見ていると、恋愛の為だけのコミュっぽい感じもするのですが、
中にはその相手の人からいろいろ打ち明けられたり、暗いイベントなどがあったりします。
この辺りを総括すれば、このペルソナ3はただの学園モノでは終わらないという感じもします。
発売までは酷評ばかり目立っていたものの、最近は良い評価も増えているような気も…?


 2006年7月15日

 なんだか…もう早くもクリアをされている方が居られるらしいのですが…。
これに関しましては、熱中してずっとプレイされていたという事みたいですが。
ちなみに自分は今日の終了時点で、6月19日までとなっております。
主人公のレベルは23、タルタロスは58Fまで制圧できました。
で、ここで気になったのが、今回の作品は1年という期間が設けられているのですが、
ラスボスを倒すまでに力が足りなくなっていたら、どういう風にクリアするのだろうか…?
それを考えると、今回の作品の戦闘の難易度はそれだけ難しくは無いのかも。
よくよく考えると、P3は「爆笑!人生劇場」シリーズみたいな感じといえる作品かも!?
(あ、アトラスの場合は「人生ゲーム」という表記がしっくりくるかも。)
まぁでも、それはそれで楽しいのですが。
全うな青春時代を送れなかった自分は、楽しんでプレイしております。(笑)

 1年間という概念があるからでしょうか、ちゃんと衣替えもあって細かいです。
そして休日になると、私服に着替えて街に出て暗くなるまで騒いで(静か?)いるという設定。
ゆかりっちいいなぁと思っていたのですが、桐条の姉さんの私服姿もナカナカですよぉ〜。
そして今日プレイしていて気が付いたのが、これまた初のシステム「恥じらいシステム」。
今までのメガテン作品では、女性キャラは黙って装着していたハイレグアーマー、
それが今回は、装備を終えた時点でゆかりっちからは「友達に見せられない」「リーダーの権利の濫用だ」と言われたり、
桐条の姉さんは顔を赤らめて装備するという…。
あぁなるほど、これは確かに筋金のメガテニストががっかりする所もあるか。(笑)

そしてあるイベントが終わると仲間になります山岸風花ちゃん。
戦闘の時のナビだけを聞いていると、やっぱりケロロ軍曹の一場面になってしまいます。
※声優が同じ能登さんの為。


 2006年7月14日

 いよいよ発売となりました、ペルソナ3。
何やらメーカーサイドの在庫も無くなってしまっているとか。
率直に嬉しいといえば嬉しいのですが、初回出荷量が少ないだけだったりして…。
自分としては、20万本を越えてくれれば良いなぁと思っております。
しかし、何やら既に期待はずれという事で売っぱらったという方が居られるみたいですが…。
いろんな事前の評価を見ていて気になっていたのですが、楽しいです☆
何というか、ペルソナ2でも結構な「まったり感」があったのですが、今作は更にまったりしております。
ちなみに自分は、そういうまったり感、嫌いではありません。むしろ大好きです。
まさに今までのメガテン作品の脱却を図った、一種の冒険かもしれないですね。
そんな中にも、いろいろと小ネタが散りばめられたりしておりまして、ニヤニヤしております。
(おそらく、筋金入りのメガテニストの方は、その点が不満と言われている方も居られるかもしれませんが)
そう考えると、自分はシナリオ重視とか言いながら、キャラ中心になっているのかもしれません。
あ、でもそうだったら、ラストバイブルが素晴らしい!と褒めちぎる事は無いか…。

て事で、今日の時点で5月の中間テスト終了時まで終えました。
ネットで紹介されていたムービーは、もうある程度出し切った感じがしますね。
今のところ、全く自分の中では不満点がほとんどございません、贔屓目無しで。
コミュは1,2つを重点的に上げようかと思ったのですが、均等に振り分ける事にしました。
理由は…、「だって、嫌われたくないんだもんっ。」という事で。
何だかアレですね、後々のイベントに何か引っかかってくるのではないかという不安が…。
ちなみに中間テストの結果は、まだ見ておりません。…おそらく、厳しい結果になるでしょう。

さて今回の戦闘システム、戦闘自体はペルソナ2チックに戻っておりましたが、
プレスターンバトルの名残が残っている等、なかなか戦略性の高い感じになっております。
ただタルタロスで、次のフロアとフロアの間の経験値の幅の大きさが気になります。
確かに鍛えれば、通常の戦闘の経験値が一桁なのは納得ですが、序盤はきつかった…。
そして3Dフィールド(?)では、ダンテ、某お馬さん追いかけっこのシステムっぽいのが登場。
※上の文章、これは簡単に書けば、フィールド上に敵がうろついている状態です
もっと簡単に例えれば、「ロマンシング・サ・ガ」のシステムを採用。
こちらからちょっかいをかければ先制攻撃、不意を衝かれてしまえば相手側の先制という具合。

そして今回より更に採用された最も重要なのが、疲労システム。
また他メーカーの作品を例えてしまうのですが、「ファイアーエムブレム」でもありました。(トラキア776から)
プレイ経験のある自分からすれば、この疲労システムは「ふざけんなよぉ」と思っていたのですが、
その頃はまだゲームと現実の境目というのが分からなかったのでしょう、まだ子供でした。
誰だって、過酷な戦いや出来事を行った場合には、疲れるのは当然でございます。
今回のこのペルソナ3での疲労&風邪システム、大いに自分は素晴らしいシステムだと思います、リアル!
何よりも1日という概念と取り入れた事により、更にこの疲労システムは重要さを増しております。
(ファイアーエムブレムの場合は、章の間はシナリオによっては数日あるはずなのに、次の章では疲労になっていたり)
この疲労によっては、余裕で戦えていたのが、急に旗色が悪くなってしまう場合があるのでヒヤヒヤします。
自分はまずはEASYモードから始めた為でしょうか、未だにコンテニューは使用しておりません。
ノーマルでも大丈夫だったかな?と思うのですが、EASYだから調子よく進んでいるのかもしれません。

とにかく今回のこのペルソナ3は、筋金のメガテニストには不向きだとは思いますね。
自分は中立の立場を保っている…ような感じですので、十二分に楽しめております☆
とりあえずこれは、メガテンでは無いと思ってプレイされるのが一番かと思います。
それにしても、今回の音楽は良いなぁ…。
あと、岳羽ゆかりを担当されている豊口めぐみさんの声も良いですねぇ。
なんとなく、デビチルでミライを担当していたゆかなさんっぽい感じがするのですが、自分だけですね。
ヤバイぞヤバイぞ、これで次回のランキングは分からなくなって参りましたよ。
さて、明日も引き続きプレイしなくては。
…あ、ちゃんと数時間プレイという基本原則は守る予定でございますので。(笑)


 2006年6月24日

上の日付、正確にはもう25日なのですが…。
今朝は6時ピタを狙ったので、すんなりと進行できました。
25日午前6時発表のランキングの状態
Lv.41 名声:696 876/13328位

開始からずっと開幕連勝が続いていたレジスタンスも、今朝遂に負けました。
先日までは、レジスタンスに賭けていれば、すぐに収入があったものの、
ここしばらくはどちらが勝つか分からないので、賭ける事が出来そうにありません。

さて、ここしばらくの間に、ランキングのTOP10が大きく様変わりしております。
というのも、今までは力の能力が高かった人がずっと上位を独占していたのですが、
今日のランキングでは、全て「魔」の能力を上げている人が独占しておりました。
何か秘密があるのだろうかと思いながら、買い物しようと骨董屋に出かけたら、
アクセサリーのところに「宝玉」というアイテムが。
追加されるパラメータは「魔」が+1だけなのに、値段は3万円弱。
…これは明らかに臭い。一か八か、この宝玉を購入してみることに。
それから装備をして、いざタルタロスの中で魔法アイコンをチェック…。
やったぜアタクシのピクシーちゅわん☆しっかりとディアを唱えてくれました!
ただ…魔力を疎かにしていたので、30ほどの回復能力しかございませんでした。
なるほど、このために上位陣は魔の能力を上げまくって、回復中心に行動していたのですなぁ。
結論:宝玉は、迷わずに買え!!…だと思うんですが。

そして、P3のトップページから入ることが出来る最新作のサイト。
いろんなサイトさんでは何が出てくるのかという予想が飛び回っておりますが、
自分の予想では、「
BUSIN」シリーズではないかなと思っております。
※(理由としては、
トップページに「Re:NEW」と書いてあり、広場とかパブとかがそれっぽかったので。


 2006年6月22日

果てさてどっこい、随分とまた書かずに放置状態になってしまっております。
まぁ…、嫌でも半月後にはペルソナ3のプレイ日記を書いている事でしょうから。

で、早朝のサーバの重さの中、戦っております、ザ・ナイト・ビフォアですが、
ようやく23日早朝の行動で、30階にいる番人を倒すことが出来ました。
22日午前6時発表のランキングの状態
Lv.39 名声:641 866位/12536位
確かにこれだけの人数が参加されているとなれば、重いのは仕方が無いですね。
というよりも、「てめぇはヒマなんだから、昼間やればいいだろが!」という非難の声が聞こえるような…。(汗)
言い訳するとなれば、これまでずっと午前6時に起床して、出勤の準備をしていたので、染み付いております。
で、30階の番をされているのが、「執着のシャドウ」というボスでありまして、
15階で戦った嫉妬のシャドウと同様に、耐久力を上げておけばいいだろうと思っていたのですが、
今回はお顔が真っ赤だったという事もあり、アギオンによる集中攻撃をかましてきておりました。
ちなみにHPは160程あると思われます。
それにしても、骨董屋でのアイテムの流れは1秒を争っている感じですね。
ちょっと買おうか迷っていると、すぐに買われたりしていますからねぇ。
で、未だに存在意義の分からないのが「宝石」。
これはただ単に売価が高いから存在しているだけなのかが、何とも気になるところ…。
宝の地図の値段が高いことから、おそらくそれに繋がっているような気もしない事も無いのですが。
今日のプレイ、0分になったところでサーバが重くなり、強制退去をされられ、
またログインしようかと思ったら、規定通り、行動時間が無いのでログイン不可能。
…戦争に出ようとしていたのに、んで、賭けをして2万円近く貰おうと思っていたのに…。

ムキー!


 2006年6月2日

ペルソナ3発売の1ヶ月前、
ファンが楽しみにしていた「ザ・ナイト・ビフォア」が始まりました。
オンラインゲームに関しては、いろんなところでプレイした経験があるのですが、
1日の制限数が決まっているというのが、ありがたい設定です。
なにやら初日はサーバの負担の影響で、平均的に能力を分けた(?)等と書かれていたのですが、
6月3日午前6時時点でのランキングを見ると、本当にそうなのかが気になるところ…。
やはり1日の正午からスタートしたプレイヤーは、ある意味恩恵を受けれたのかもしれないですね。
ちなみに自分の順位は、
tsube 名声:83 力:9 魔:9 耐:10 運:9 順位130/3671位
と、こんな感じなのですが、1位の方は名声の数値が183と、100もの差が開いております。
ちなみに朝プレイして、やっとこさタルタロス15Fまで突入できたのですが、
ボスキャラの嫉妬のシャドウが、予想以上にタフだった為負けてしまい、名声が5程減ってしまいました。
1,2日の頃は、まだサーバが不安定だった影響もあるからでしょうか、
10Fぐらいまで進んだ時に重くなってしまい、スタート画面に戻ってしまって1Fからやり直しというパターンが多くありました。
それが結構トップとの差が開いてしまっている影響があるかもしれないのも、また事実…?
で、ペルソナはピクシーちゅわんなのでOKなのですが、…魔法使えないんですけど。
現在のところ、ステータスでは力を上げるだけで問題無い感じなので、
均等に能力を振り分けているプレイヤーには、果たして良い事があるのでしょうか、ある事を願いたいものです。(笑)


 2006年5月31日

今を遡ること、1年半前。
メガテン日記・5の2004年10月3日分の、青木秀仁氏の一件。
テクノ系アレンジを仕事としている同姓同名の青木氏とは同一人物なのか?
それがずっと気になっていまして、先程まで検索などで調べておりました。
その結果、やはりアトラスにおられた青木氏は、事故でお亡くなりになられているみたいでした…。
(山道での、路面凍結による、単独スリップ事故)
それまでの間に、アトラスを退社し、SCEに会社を移していた事もちらっと、
某メガテンサイト様の掲示板に本人直々の書き込みがありました。
そして、女神転生1〜if…、NINEの曲が収録されているサントラの中に、
軽子坂高校校歌の5分後に、魔神転生2「DEJA VU」が収録されているのは、
サウンドチームの皆さんが、青木氏への哀悼の意を込めて曲を収録したとの事らしいです。
「神」と称された青木サウンドの新しい曲が聴けないというのは本当に残念な事ですが、
我々メガテニストに残して頂いた青木サウンドは、一生脳裏に残る事でしょう。
まだ魔神転生をプレイされていないメガテニストには、
是非ともi−revoで魔神転生シリーズをプレイして頂きたいと思っております。

さて、ペルソナ3のミニオンラインゲームが6月1日から登場するという事で、
早速始めてみようかと思っていたら、さすがに午前0時からではなかったみたいで…。
一体どんな内容なのかが気になるところなのですが。
謎解きとかが多いとなると、自分にはかなり不利な展開が予想されます。(笑)


 2006年4月28日

第壱話でLv.20、いい加減に終わらせないといけないと思ったので、
15万円を使ってネコマタさんを召喚しようと思っていたのですが、
ここは諦めて、11万5000円を払って、リャナンシーさんを召喚する事にしました。
ちなみにこのリャナンシーさん、1周目でネコマタさんを強化させるために、
ネコマタさんと同じく「天命滅門」と「怨讐」を持っております。
それから大道寺邸のどん亀さんへ勝負を挑んだところ、いとも簡単に倒してしまいました。
やはりマハ・ブフを覚えていることもありましたが、やはり怨讐がかなり効いておりました。
それから後のガシャドクロ戦、イチモクレン戦も簡単に(イチモクレンは危なかったですが)倒して、ようやく壱話が終了。
現在は第弐話に進んでおりますが、相変わらず油断をしていたら修業に時間をかけていたのに、
セーブをし忘れてライドウがやられて、時間の無駄になってしまう事に…。


 2006年4月24日

アバタールチューナー2ガイドブック追求編の裏に描かれている、
シュレディンガーに萌えまくっております。現在携帯電話の待ち受けに使用中☆

ちょっと諦め気味になっておりました超ライドウ、少しずつ進めております。
最初は敵がめちゃくちゃ強いですが、そこはコツコツを経験を積んでいくしかなさそうです。
アイテムの費用は麻雀で稼げば何とかなるのですが、問題は仲魔が全く強く出来ないこと。
序盤はとても修行に駆り出す事が出来ない(MAGの関係も大有り)ので、ライドウ1人で頑張らないと…。
リンさん救出イベントはLv.15まで成長させ、アズミを召喚してクリアできました。
仲魔ばかり集中されるだろうなと思っていたら、意外にもアズミには全く目もくれず、ライドウばかり狙っていました。
パラメーターは、力と耐を交互に成長させております。
とりあえず自分は、魔によるMAG抑制よりも、耐久力を優先しております。
あとは中ボスなどに普通に耐えられる仲魔を召喚できる資金が必要な状態です。
大道寺邸のどん亀さんが全く倒せません…、ちなみに現在はLv.17となっております。
他のザコキャラにも手を焼く状態ですので、もっと修行が必要です。集魔の水がもっと欲しい…!

どうでもいい話、
兄がライドウの麻雀にちょっと興味を持った直後、
鳴海探偵社のある建物を見て一言、
「雀荘か。」
やれやれ。(苦笑)


 2006年4月10日

いい加減にブルトンのトップイラストを作成しないといけないと思っております。
現在、とある人にプレゼントするイラストを作成しておりますので、
それが終わったら、大道寺さんところの娘さんを描いてみようかと思っております。
人間を描くのはとりあえずは大丈夫なのですが、制服がちゃんと描けるかが問題です。
そんなに難しい制服ではなさそうなので、いろんなところを調べればなんとかなりそうなのですが…。

そんなライドウ、いよいよ2周目・超ライドウモードへと突入する事になりました。
現在大道寺邸のところに着いたのですが、早速仲魔が簡単にやられてくれております。
う〜ん、やはり弱い仲魔ではどうしようもなさそうです。
かといって、麻雀も仲魔が弱いからか、話がまだ序盤だからでしょうか、
1位で上がったとしても、数千円ぐらいしか貰えないので、なかなか資金が溜まりません。
ここはやはりコツコツと勝って、何としてでも鍛えてあったネコマタさんを召喚しなくては…。
ちなみにネコマタさんを召喚するためには10万円近く必要となっております。
それにしても…、ゾンビの攻撃で一撃死っていうのは、どうかと思うよ。
修行の為に筑土町をうろうろしているので、ネコが落ち着いてくつろげなさそうです。(笑)

いやぁ…、ゴウトは可愛いニャー☆☆☆


 2006年4月1日

呼ばれないと日記を書かない男、参上であります。

ライドウは無事にクリアする事が出来ました。
プレイ時間は40時間以内に何とか収まりまして、レベルは75でした。
つまりは、サンダルフォンを仲魔にして、レベルを1上げてクリアしたという具合です。
予想通り、ディアラハンを覚えている事によって、最終ボスは楽勝ペースでした。

クリア後は、超・葛葉ライドウをスムーズに楽しむべく、
仲魔のスキル継承や、その他もろもろをやっているところです。
ハエの王様も、やはりディアラハンがあるだけで、俄然有利に事が運びました。
しかし超・ライドウに関しては、激烈に厳しい条件が待っているので、容易ではないことは必至ですねぇ。
試しに候補生のところをプレイしたのですが、危うくゾンビ相手に2撃で、昔のライドウさんに囲まれるところでした。
更にはボッタクリのお店が更に値段を吊り上げているので、麻雀を頑張らないと。
それにしても、麻雀をする為に必要なアイテムの中にある「アカギれの〜」の牌。
これはおそらく、アトラスさんの中にアカギという麻雀アニメ(マンガ?)を知っている人がいるみたいですね。
※ちなみに管理人は、ネットオークションでたまたま知っていました。中身は知りませんが〜。

という事で、マッパー様のレビューにもギリギリ参加させていただくことが出来ました。
今回特に残念だったのが、クー・フーリン様が遂にメガテン悪魔としての皆勤賞(多分)が無くなりました。
ラストバイブルにも、魔神転生にも、そして迷路でヒーホー!にも登場していたその御方が…!!
やはり大正時代の設定に、クー・フーリンは難しかったのかもしれないですねぇ…。

さぁてここで個人的に気になるのが、いずれは行うことになるメガテンキャラベスト100の第5弾。
とりあえずは近日行って、ペルソナ3が発売して、年末までには第6弾を行おうかと思っております。
今回のライドウには、なかなかいいキャラクターがたくさん出ておりましたので、楽しみです。
ゴウトはいいなぁ〜☆オリンパスのμのCMを見るたびに、ゴウトだ!と思ってしまうぐらいに中毒です。
そして外せないのが、大道寺伽耶ちゃん…のショートヘアバージョン、どうなるかなぁ…?


 2006年3月18日

ライドウ、第十話に突入したところです。

既にクリアをされている方がおられるみたいでして、
随分と早いんでないかい?と思っているのですが、
こうやって20時間足らずで第十話に入ったところを考えると、スムーズにクリア出来るのかも?
ネットをいろいろ回っていると、隠しイベントなどの事などがいろいろ分かってしまいまして、
確かにミルクホールで聞ける噂で「何だったけ?」と考えていたのですが、
そのサイトさんで答えを見てしまうと、「あぁ、なるほど!」と思うのですが、
それを考えると、自分はメガテニストとしては鈍いのでは無いかと思われてしまいそうな…。
(やはりそれは、自分がラストバイブルが一番思い入れがあるからかもしれませんが。)

戦闘もやっとこなれて来ました。
戦闘終了直前に仲魔を交換して、経験値を稼ぐと…、これは皆さんやっていると思われますけども。
しかし合体の際に、ジャックフロストを作ったのですが、
アギとディアを覚えていて、肝心のブフ系を覚えていないというのは、これ如何なものだろう…。(苦笑)

さて、第六話の時に個人的には衝撃的なイベントがあった訳なのですが、
大道寺のお嬢さんが「
ショートヘア」になっているのには、ドキッとしましたね〜。
あまりピンと来ていなかった今回のヒロイン的存在だったお嬢様なのですが、
今回の一件で一気にポイントが高くなりました☆ランキングにも期待です。(自分のランキングなのに。)

あと、ようやく麻雀が出来るようになりました!
麻雀を知っている方にとっては資金稼ぎのチャンスなのですが、
麻雀を知らない方にとっては、稼ぎたくとも難しいイベントなんでしょうねぇ…。
資金稼ぎのイベントしては、個人的にはもっとも素晴らしいイベントが出てきました。
ただ…ちょっと配牌がおかしすぎる…。(^^;)


 2006年3月7日

ライドウ、現在第3話に突入したところです。

いろんなところでライドウ関連のレビューを見ているのですが、
今回は残念な事に、生粋のメガテニストからすれば厳しいご意見が多いみたいですね。
確かに拝見していると、「なるほどねぇ」と納得する箇所が多い訳でして…。
戦闘面に関しては、自分で操作するという事で飽きる事が無いという面は○なのですが、
コーエーの無双シリーズみたいに、もう少しバリエーションがほしかったかも。
そうなると、そちら方面からパクリだとかの声が出てきそうな感じなのですが、
そこはそこで、「昔、コーエーさんもメガテン関連の書籍出していたんだから」という事で見逃してもらいたいところ。(笑)
攻撃パターンの他には、ジャンプやダッシュが欲しかったです。
ダッシュに関しては、3Dフィールドを歩いている時にも欲しいです。
これに関しては、同じATLUSから出ている「BUSIN」シリーズと同じように、
体力ゲージがあって、ダッシュを行うとそのメーターが序々に減っていき、
ゲージが0になるとダッシュが使用不可能になるといった感じのものなのですが、欲しかったです。
そして、忠誠度のメーターが、いとも簡単にMAXになってしまうのが何とも…。
これでは忠誠度を上げる為のアイテムがあまり意味を成していないような感じが、もはや換金アイテムに…。

グラフィックに関しては、完璧です。自信を持ってお勧めしていた事はありました☆
実際にゲームをやっていると、NINEの移動風景とダブっているので、とっつき易かったです。
今のところは、まだNINEのナビゲーター(ライドウで言えば、移動フィールドの召還仲魔)の方が魅力的な動きをしております。


 2006年3月2日

すっかりめっきり放って置いたら、約1年も経過しておりました。
メシアライザーやっていたのって、もうそんなに昔だったんだ…。(苦笑)
という事で、ラストバイブル3の4周目も放置しっぱなしではありますが(先生イベントが…)、
3月2日、いよいよデビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団が発売となりました!

まずは同梱されていたオリジナルサントラ☆
表パッケージはWEBでも紹介されていたのと同じパッケージだったのですが、
裏面には、レイホウとネミッサとゴウト(今作のネコ)が一緒に描かれている書き下ろしパッケージ。
そういえば「ソウルハッカーズ・ハイパーリアレンジ」を購入した際にも、
裏のネミッサに誘われて購入した記憶が…。
(↑に関しては、アンケートはがきにも、「パッケージが良かったから」を理由に書いてしまいました・笑)
で、以前アンケートはがきの中に、「デビルサマー」と書いてあった事もありまして、
今回もアンケートはがきの文章をチェックしていたのですが、
なんと、今回のアンケートはがきは、ちょっと一味違う事になっております。
というのも、ここ最近のアンケートはがきには書かれていなかった、「魔神転生」の文字が!!
残念ながら、われらが支持するラストバイブルの文字はありませんでしたが、
その辺りは心配無用、自分はちゃんとラストバイブルの文字をきっちりと書いておきます。
そして最後まで読んでいると、何か意味深な感じがするアンケートはがきという感じがしてなりません。
これはあれですね、ジュエルサモナーと同じ感じと言ってもいいのでしょうか?
詳しくは、マッパー様のトピックスにも書かれておりますので。

現在のところは1時間程プレイしただけなのですが、
大正ロマンが漂う感じで、個人的には好きな雰囲気かもしれません。映画調で☆
で、自信を持ってお送りするだけの事はあって、画像は今までのシリーズから比べても大変滑らかです。
戦闘はボタン連打だけで勝てるかと思っていたら、案外そうでも無いような感じです。
気が付いたら瀕死に近い状態になっている場面が2,3回ぐらいありました。
まだ仲魔同士の戦闘が慣れていないので、これから序々に慣れていかないと。
ちなみに仲魔をする際には△ボタンを連打する場面があるのですが、そこは独壇場です。
どんなに厄介なところでも、連射を専門分野とする自分は、乗り切れる自信がある…かも?
その辺りを考えると、連射やアクション系が苦手な方にはやや不利な箇所かもしれませんね。
来週の月曜日までは休みが無いので、ゆったりプレイできる時間が無さそうので、
早くじっくりまったりとライドウの時間を楽しみたいです☆

話題はコロッと変わって、デビチル!デビチルがDVDになって帰ってくるみたいですね!
いやぁ、刹那&未来編が大好きな自分にとっては大変嬉しいニュースだったのですが、
ビデオの第1章&第2章の全巻セットをネットオークションで購入してしまっておりますので、
DVDの方は見送りになる予定となっております。明らかに無駄買いになってしまいますし…。
しかし何かしらの特典が付いていると、それはそれで困ったことにもなりますし…。
個人的には、藤異秀明先生のデビチルをゲーム化にしてもらえたら嬉しいんですけどね。
それの方が、正直なところ、オリジナルよりもまだ売れていたような気がしてなりません。


inserted by FC2 system